《春夏秋冬ロケーションフォトガイド》

「ロケーション撮影がしたいけど、具体的に何月頃にどこへ行けばどんな写真が撮れるのか分からない…」

という方もいらっしゃると思います!そんな方へ、長年ウェディングロケーション撮影に携わってきたカメラマンが、ISHIKURI PHOTO STUDIOでいちおしのスポットを詳しい時期ごとに体験談を交えてご紹介いたします!!


著者 石栗正雄
早春、もうこの時期からステキなロケ-ションフォト、できます!

早春、北海道の長い冬も終わり、雪もすっかり解けてきて春を感じるこの季節! 道民はウキウキワクワクしてくるのもこの時期くらいからですよね!! 市内の公園も雪がなくなって、芝生がイキイキ元気な緑に変わってきます。 北海道の春のロケフォトシ-ズンの始まりです!
そんな季節に当店オススメのロケフォトコ-スが、モエレ沼公園+開拓の村です! モエレ沼公園は札幌でも有数の整備された大型公園、 人工的に作られた山があったり、森があったり、ガラスのピラミッドという近未来的なカッコイイ建造物があったりと、 沢山の撮影スポットが存在します! 特にこの時期のモエレ沼公園には、広大な芝生のシチュエ-ションにプラスして、黄色いかわいらしいタンポポも咲きます! 青い空と緑の芝生に黄色いタンポポ、そしてドレスとタキシ-ドを着たフタリ・・・・・とってもさわやかな写真が撮影できます。

photo : moerenuma koen

そこに組み合わせるロケ-ション場所として、北海道開拓の村がオススメです。 ここは北海道の開拓時代の街並みや建物を展示している大規模な施設で、昔の建物や街並みの中で着物を着た二人が歩いていると、 本当にタイムスリップしたみたいですよね♪開拓の村では建造物の中に入って撮影することもできます。 例えば、昔実際に使われていた中学校の校舎の中、黒板のある教室の中で、ふたりは出会った、、、 みたいなシチュエ-ションも撮影可能です♪そのほかにもたくさんの伝統ある建物の中で撮影することができます!
モエレ沼公園では、春を感じるさわやかな雰囲気のなかでドレスとタキシ-ドの二人・・・ 開拓の村では、タイムスリップしたような少し懐かしい雰囲気と着物の二人・・・ 一日で洋装と和装のロケ-ション撮影が出来る、欲張りなオススメロケフォトコ-スです♪

photo : kaitakunomura




木々の若葉が気持ちいい!お花畑でお姫様みたいな一枚!さわやかロケーションの最盛期!!

この時期になると札幌近郊のロケ-ションスポット各地も最高のコンディションを迎えます。どのロケ-ションスポットに行ってもとても良い写真を撮影することが出来るのですが、そんな中でもあえて当店イチオシスポットを紹介させていただこうと思います!!それは、芸術の森と滝野すずらん丘陵公園の2か所です。 まず芸術の森ですね、こちらは札幌市南区にあり、僕が個人的に好きで2010年からずっと撮影に行かせていただいている場所です。芸術の森と聞いて、「あー、芸術作品と撮影するのね!」と思った方も多いと思いますが、僕らが撮影する場所は芸術作品がある所ではなく、高い木々に囲まれた優しい木漏れ日のきれいな林道や、一面芝生の草原など、森の中のようなイメージでの撮影になります!また、静けさや落ち着きを感じる空間が広がる大きな旧日本家屋があり、そちらは和の落ち着いたイメ-ジにぴったりです!芸術の森はどの場所もとてもキレイな光が入ってきていて、写真にするととっても雰囲気があります。全体的に優しい雰囲気だったり、少し大人な雰囲気の写真が撮影できます!

photo : geijutsunomori

もうひとつ、こちらも札幌市南区にある滝野すずらん丘陵公園です!名前にある通りこちらの特徴は大きな丘に大きなお花畑があるという事ですね!2014年から撮影に行かせていただいているのですが、季節毎に色々なお花が咲いています。5月頃はチュ-リップ!赤や黄色のビビットな色が効いて明るい写真になりますね!そこから初夏になってくると芝生も青々してきて、ラベンダ-などの紫のお花がたくさん咲き誇ります!道外の皆様から大人気の富良野まで行かなくてもラベンダ-と一緒に撮れちゃいますよ♪あとは白樺もありますので、その中で清々しい高原のようなイメ-ジも撮影できちゃいます!秋が近くなってくると今度はコスモスが咲き誇ります!コスモスも沢山の種類があり、特にオレンジ色のコスモス畑はかなり印象的な写真が撮影できます!丘に出来ているという事もあって撮影中の移動は少し疲れるかも知れませんが、高低差を利用して、一面空だったり、一面お花畑だったり、春夏秋どの季節でもダイナミックな写真が撮影でき、カメラマン的にもとても撮影しがいがあります!この2ヶ所は、いいですよー♪僕達も撮影に行くのが楽しみなスポットです!

photo : takino suzuran kyuryo koen




赤、黄、緑の色彩豊かな世界に生まれ変わるおすすめスポット! 

秋も深まってきて木々が紅葉する10月中旬から11月初旬。これまでの季節にはない極彩色の世界が広がり、もうすぐやってくる白銀の世界が嘘のような季節です!北海道は朝晩の気温差が大きいからなのか、紅葉の黄や赤の葉の色がとても鮮やかで僕が撮影していて一番楽しい季節でもあります。また、自然の中での撮影中にエゾリスが出てきたりすることもたまにあり、そんなハプニングが僕は好きだったりします♪オススメスポットはズバリ、広葉樹の多い中島公園で和装・同じく広葉樹の多い芸術の森で洋装の組み合わせです!中島公園は都会の真ん中にあるにも関わらず、沢山の木々が生えていて公園内全体が紅葉スポットになります!特に日本庭園内は大小様々な木々の重なりから、撮影にとっても大事な優しい光や強い光が射してきて、写真に色々な表情を与えてくれます。赤や黄に紅葉した木々を背景に撮影したり、紅葉が進んでくると木から落ちた葉が重なり合い一面落ち葉の絨毯になり、この時期にしか撮影できない極彩の写真を撮影する事が出来ます!そんな極彩の世界の中に和装を着たお嫁さんがとっても映えるんです!ホントです!!

photo : nakajima koen

また、庭園内の池のほとりでは水面に鮮やかな紅葉が映る中で、静けさとしっとりとした雰囲気のある写真が撮影できます。 そしてもう一つの秋のオススメスポット、たくさんの緑豊かな広葉樹に囲まれた芸術の森は、一気に紅葉してイエロ-・オレンジ・グリ-ンの色彩豊かな世界に生まれ変わります!この時期は太陽の角度も夏場とは違い、その低い太陽の光により、紅葉した木々がとてもドラマチックな写真を作り出します!そんな光の中で幸せな二人がリラックスして微笑んでいるイメ-ジは素敵ですね♪もちろん、一面芝生の草原での爽やかな写真は秋になっても撮影することができます。白いドレスと緑の芝生の写真はテッパンですよね♪ちなみに、こちらの芝生は他の公園よりもまめに整備されていて、いつもコンデションは最高です♪その他にも愛車と撮影したいというお客様が増えてきていまして、そういった写真もここ芸術の森では撮影することができます!!前日ピカピカに洗車してくるのがオススメです♪深い森の中の林道で「愛車とフタリのロケフォト」いいですよね-♪こだわりポイントです!!

photo : geijutsunomori

小樽のレトロな街並みと雪がベストマッチ!! 

12月の末頃になると、北海道も本格的な冬を迎えます。この時期の北海道は真っ白な雪に囲まれたとても幻想的な雰囲気の中で撮影が出来ます!間違いなくこの時期この北海道での撮影はオススメです!気温も-5度前後ととても寒いですが、二人の愛があれば寒さも気にならないかもしれないですね♪オススメのロケ-ションスポットは、小樽運河と旧日本郵船小樽支社です! 小樽運河は北海道開拓の玄関口となった小樽を象徴する場所で、雪が降り積もる運河に沿って煉瓦造りの倉庫が立ち並ぶその景観は冬の小樽らしい雰囲気があり、運河に映った倉庫群と二人というようなロマンチックな撮影ができます♪ちなみに冬になっても運河が凍りつくことはありません。その他にも運河の周りの雪が積もる街並みでの撮影も行います!小樽という街は昔の繁栄していた頃の街並みをそのまま残しており、その明治・大正・昭和時代のようなレトロな街並みは他では見られず、運河周辺の地域に立ち並ぶ建物はどれも文化財指定をされている貴重な建物たちです!

photo : otaruunga

そんな雪の降り積もるノスタルジックな小樽の街中でロマンチックな和装の二人!いいですねー! そしてもう一か所のオススメスポット旧日本郵船小樽支社ですが、こちらは建物の中での撮影になります!ここがどのような建物かと言いますと、どっしりとした重厚な石造りの中にも優美さが漂う近世ヨーロッパ復興様式の純石造2階建で、国の重要文化財にも指定されています!建物の内装もとても重厚感があり、壁には豪華な装飾品が付いていたり、ペンダントライトひとつとってもオシャレでアンティ-クなものが付いていたりとドレスの撮影にピッタリのシチュエ-ションです!明治・大正時代にタイムスリップしたような重厚で格式高い空間の中で、まるで映画の主役のようなシックでアンティ-クな二人の写真が残せますよ♪もちろん建物の外で、雪と建物を背景に撮影することもできます♪冬の北海道の撮影には、雪も多く歴史のある街並みを持っている、小樽地区での撮影はベストマッチです!!

photo : kyu nihon yusen

 

 

 

Copyright (C) 2013 ishikuri photo studio All Rights Reserved.